コンタクト洗浄液 おすすめ関連情報

HOMEレンズケースもこまめに取り換えよう

最終更新日:2017/11/20

レンズケースもこまめに取り換えよう

コンタクトレンズを目に入れる様子

コンタクトレンズを購入すると、レンズのケアに気を取られてレンズケースのケアを怠ってしまう方が出てきます。ですが、レンズケースのケアもしっかりしておかなければなりません。というのは、レンズケースもまたコンタクトレンズと同様に劣化しますし、長期間の使用で、目に見えない雑菌が付着している可能性が考えられるからです。つまり、レンズケースはこまめに取り換える必要があるということです。
ソフトタイプのレンズをお使いの方の場合では、洗浄液や保存液にレンズケースが付属していることが多く、これがひとつのレンズケース交換のタイミングとなるでしょう。一方で、ハードタイプのレンズをお使いの方の場合では、洗浄液や保存液にレンズケースが付属していないことが多く、古くなったレンズケースをなんとなく使い続けてしまうというケースが多いようです。こうして長期間使い続けてしまったレンズケースにはほこりやタンパク質汚れだけではなく、カビが付着していることも考えられ、万が一それが目に侵入したら大変なことになってしまいますよね。
ここで、コンタクトのレンズケース交換の必要性はわかったけど、レンズケース単品だと高いんじゃないの?と心配になっている方が出てくるかもしれませんね。そのような方は、ぜひ一度、コンタクトのケア用品を激安で販売しているサイトを覗いてみて下さい。想像以上に安価でレンズケースが販売されていることがわかりますし、サイトによっては、まとめ買いでさらにコンタクトのケア用品を激安価格で手に入れることができる場合もあります。
では、コンタクトレンズの交換のタイミングは、使用開始からどのくらいの期間で訪れるのでしょうか?レンズケース交換のタイミングは、ソフトタイプでは1.5~3ヶ月が目安で、ハードタイプの場合では6ヶ月が目安となっています。そして、注意して頂きたいことは、レンズケースの洗浄も忘れてはならないということです。レンズケースの洗浄はとても簡単、流水でレンズケースをよく洗い、風通しの良い場所で自然乾燥させればOKです。
その際には、ティッシュなどを敷き、容器とフタをそれぞれ伏せておくと、内部のほこりの付着を防ぐことができます。このように、こまめにレンズケースを洗浄しなければならないという部分を考えるのであれば、複数のレンズケースを用意しておくことが望ましいと考えられます。目の健康を守るためにも、レンズケースなどのコンタクトのケア用品は激安な店舗を探してまとめ買いしておき、いつでも清潔なものを使用できる準備をしておきましょう。

一覧はこちら

コンタクト洗浄液 おすすめランキング

TOP