コンタクトケア通販サイトだけをピックアップした比較情報サイト

コンタクトレンズの洗浄液通販サイトランキング

メアシス

  • コンタクトの洗浄液を買うなら送料無料の専門サイトへ
  • 買えば買うほどお得になるまとめ買いシステム
  • 一流メーカーの製品ばかりが揃っているので品質は折り紙付き

最短2日で洗浄液を届けてくれる!

メアシスでは、大手会社が製造販売しているコンタクトレンズ洗浄液しか置いていません。また、最短2日で手元に来るので、洗浄液を買い忘れていた人でもネットですぐに注文、すぐに補充できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

メアシスに対するみんなの口コミ

  • いつも洗浄液が二本入っているセットタイプのものを近所のお店で購入していたのですが、忙して行く余裕がなかったので、メアシスを利用しました。いちいち買うのも面倒なのでお得なまとめ買いをしたら、そこそこ節約になりました。ポイントも...

  • コンタクトレンズは毎日使うものだから洗うのはいいんですが、それがずっと続くと面倒だなと以前から思っていました。そこでこのサイトを見ていたら、洗浄液一ヶ月分がポイント付きで売られていたので、こちらで購入しました。送料も無料だっ...

  • 普段からコンタクトレンズに頼り切った生活をしているので、レンズを清潔をするためにも、良い洗浄液を買いたいと思っていました。メアシスでは、有名な会社の商品が比較しやすい状態で載っていたので、その中から気に入ったものをまとめ買い...

マツモトキヨシ

  • 初めて利用する人にはお得なクーポンもあり!
  • 医薬部外品から第3類医薬品まで揃っているドラッグストア
  • 膨大な数のなかから自分にあう洗浄液が選べる

お得な限定洗浄液を買うならドラッグストア

マツモトキヨシでは、ソフトからハードレンズまで、今使っているレンズのタイプに合った洗浄液が選べます。あちこちサイトを回る必要がなく、ここで大体のレンズ用品が購入できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

マツモトキヨシに対するみんなの口コミ

  • 今まで別のサイトで洗浄液は買っていたので、ドラッグストアで取り扱っているとは思っていませんでした。レンズは普段から洗浄しておかないと、目の健康には悪いので、こういうサイトでまとめ買いしておけば、慌てなくて済みますね。...

  • コンタクトレンズの掃除は面倒くさくて、ついつい洗浄液も買い忘れてしまうのですが、マツモトキヨシならネットでまとめ買いしておけるので、いまではストックを切らすこともなくなりました。種類も多いから、いろいろ試してみるのもいいです...

  • 私はめんどくさがりなので、洗浄しつつ保存液にもなる製品を探していました。するとこのドラッグストアは品揃え豊富だったので、意外とあっさり見つかりました。それまで洗うのを忘れて目が痛くなったりしていたのですが、洗浄を習慣づけるこ...

LOHACO

  • 各企業が出している製品の特徴を解説しているから購入時の参考になる
  • 使っていて「なんか違う」と思ったらメーカーに返品することが可能
  • まとめ買いをするとポイントが何倍にもなってお得

欲しい洗浄液が見つかる通販サイト

LOHACOは、コンタクトレンズを愛する人たちが快適にレンズを使っていけるように、洗浄液をリーズナブルな価格で販売しています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

LOHACOに対するみんなの口コミ

  • 人気のある会社の洗浄液はお店に行っても売り切れだったりして、がっかりすることがあるんですが、このサイトでは増量版から限定品まで幅広く売られていたので、手に入れることができました。買いだめをしておきたい人間だから、ここでどんど...

  • コンタクトレンズの洗浄液を買うときは、ほぼほぼLOHACOを利用するようにしています。私は季節によって洗浄液の種類を変えているので、商品数がたくさんある通販サイトは非常に重宝しています。おかげさまで、すっかりヘビーユーザーに...

  • 以前は洗浄液を一本ずつ買っていたのですが、これだと効率が悪いと感じて、通販サイトでまとめ買いすることにしました。こちらでは、有名会社が売っている2本入りや3本入りのセットが当たり前のように売られているので、現在ではこちらで買...

eyecity

eyecity

月々レンズと洗浄液をセットで届けてくれる

こちらのサイトでは、レンズやケア用を詰め込んだセットを、毎月定期的に届けてくれます。一年契約の場合、総額は店舗で買うよりも下回るので、非常にお得です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

中央コンタクト

中央コンタクト

好立地に展開している相談しやすいレンズ店

中央コンタクトは駅などの近くに展開しているため、仕事や学校帰りにも通いやすいコンタクトレンズ店になっています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

コンタクト洗浄液のおすすめの基礎知識

髭の生えた男性

危険!コンタクトをケアしないとどうなる?



近年、カラコンの普及に伴い、特に視力に問題がなくてもコンタクトを使用する方が増えてきました。そしてそれに伴い、目のトラブルに悩まされる方も少なくはありません。コンタクトにはワンデータイプでコンタクトケア用品によるケアが必要ないタイプもありますが、2ウィークタイプ、1ヶ月タイプ、常用タイプなどの種類になると、毎日外したあとには、必ずコンタクトケア用品によるケアが必要になります。
では、コンタクトケア用品できちんとお手入れをしないと、コンタクトや目にはどのようなことが起こるのでしょうか?それは、結膜炎などの眼病のリスクが高まるということです。コンタクトには、装用中にタンパク質やほこりなどの汚れが付着しますので、1日の終わりにコンタクトケア用品でこれらの汚れをしっかりと落としておかないと、翌日になって同じコンタクトを装用した際に、その汚れによって目の中に雑菌が繁殖してしまうことが考えられます。
面倒だな…と感じても、目の健康を第1に考えるのであれば、コンタクトケア用品によるお手入れは必要不可欠です。ワンデータイプ以外のコンタクトを装用中の方は、面倒でも1日の終わりにはコンタクトケア用品でコンタクトを清潔な状態に洗浄し、眼病から大切な目を守りましょう。

コンタクト

コンタクトケアする際の注意点



常用タイプなどのコンタクトは、1日の終わりに外したら、必ずコンタクト洗浄液で洗浄し、専用ケースで保存しなければなりません。というのは、1日中つけっぱなしだったコンタクトには、タンパク質汚れだけではなく、外部のほこりなどによる汚れが付着していることが考えられるからです。コンタクト洗浄液で洗浄しないままで放置してしまうと、汚れによって雑菌が繁殖する可能性が広がるだけではなく、コンタクトの劣化を早める原因にもなります。
では、コンタクト洗浄液はなにを基準として選べば良いのでしょうか?まず注意して頂きたいのは、そのコンタクト洗浄液が洗浄専用なのか、それとも保存液としても使えるのか?という部分です。また、コンタクト洗浄液の中にはハードコンタクト用やソフトコンタクト用というように分類されていることもありますので、この部分にも十分に注意を払い、装用中のコンタクトに合ったコンタクト洗浄液を選びましょう。
コンタクト洗浄液はドラッグストアなどで入手することができますので、製品選びの際には必ず、洗浄専用なのか、保存も可能なのか、ご自身がご使用中のコンタクトに合う製品なのか、という部分に注意を払い、希望に沿った製品を選びましょう。

コンタクトレンズ

レンズと洗浄液の相性を確認しよう



ドラッグストアなどでは、さまざまな種類のコンタクト洗浄液が販売されています。これらは一見するとどれも似たりよったりで、購入の際には値段だけを見て選んでしまいそうですが、コンタクト洗浄液は値段だけで選んでしまうと失敗する可能性があります。それは、コンタクトにはさまざまな種類があり、レンズによって洗浄液との相性が良いものもあれば悪いものもあるからです。
コンタクトには、ワンデータイプ、2ウィークタイプ、マンスリータイプ、常用タイプなどがあり、ワンデータイプの場合では1日使い捨てであるため、洗浄液は必要ありません。そして、その他のタイプではすべてコンタクト洗浄液によるケアが必要になりますが、ここで注意しなければならないのが、その洗浄液がソフトタイプに適しているのか、ハードタイプに適しているのか、という点です。
コンタクト洗浄液のパッケージには、「ハードレンズ用」、「ソフトレンズ用」、「両用」などというように、どちらのレンズに適しているのかという表示が必ずあります。コンタクト洗浄液を選ぶ際には、まずはこの部分をしっかりと確認してみて下さい。レンズと洗浄液の相性を確認してから購入しないと、汚れがきちんと落ちないなどのトラブルが発生することがあります。

コンタクト容器

目の【乾燥】を防ぐためにもケアは重要



コンタクトレンズにはハードタイプとソフトタイプがあり、それぞれに異なった性質を持っています。そして、その性質に合わせたケアを行わないと、コンタクトレンズ自体が乾燥して劣化したり、装用中に目の乾燥を招いたりする原因になることがあります。まずハードタイプですが、このタイプのレンズにはもともと水分が含まれておらず、乾燥に強いという特徴があります。このタイプのコンタクトレンズは、外した直後にレンズを擦り洗いし、洗浄液が入った専用ケースでつけおき洗浄をするというのが、基本的なケア方法です。
一方で、ソフトレンズは含水素材が用いられており、レンズ自体にもともと水分が含まれています。したがって、レンズの水分が不足した状態で装用を続けると、目の水分を奪ってドライアイの原因になることがあります。また、ソフトレンズもハードレンズと同様のケアを行いますが、ソフトレンズの場合では、必ず4時間以上のつけおき洗浄が必要になります。
これが基本的なコンタクトレンズのケア方法で、少々面倒だと感じることがあるかもしれません。ですが、目の乾燥を防ぐためにもケアは重要ですので、1日の終わりには必ず正しいケアを行い、コンタクトレンズと目を乾燥から守りましょう。

コンタクト洗浄液のおすすめのコラム

コンタクト洗浄液のおすすめランキング

TOP